Just do it.

僕を含む日本人って他人を変に意識しているように感じる。それも無意識的に。

学歴や職業等の肩書き、頭の良さ、年齢…
わざわざ自分を他人より上か下に置いて、変に優越感や劣等感を感じる人が多い。

特に、流行に敏感な人にこういう考えを顕著に示す。他人がどういうことをしているかを常に気にしているからだ。

デンマークに来て、これほどの時間の無駄はないと分かった。

自分のモノサシで他人と自分を比較して、劣等感に浸る。

気分は最悪になり、1日は楽しくなくなる。

誰が得をするのだろう。

この国の人間は、肩書きや年齢を気にしない。

大学名なんて聞かれたことない。

言ったところで、日本でも僕の大学知らない人多いのに、デンマーク人が分かるわけないんだけどね笑

デンマークの大学のクラスでは、年齢的に僕の父親や母親ぐらいの人が勉強してるし、僕と同い年(22歳)で大学1年生というのは普通。

みんな、自分たちのことを黙々とやっているように見える。

例えば、授業が終わると、さっさと帰ってしまう人が多いし、キャンパスでは一人で時間を過ごしている人をよく見かける(僕もそのうちの一人)。

「あなたは何をやっているの(勉強している)?」

初めて出会うデンマーク人は、決まって一番最初にこの質問をしてくる。

自分の専門分野や勉強していることについて話せば、必ずそれについて深く突っ込まれ、意見を求められる。食事をしながら話すと、お酒が入るからこういう話題は長く続く。

僕がデンマークについて考えていること、自分自身の将来のキャリアについて論理的に話そうとすると、真剣に耳を傾けてくれる。

彼らは、僕の中身(パーソナリティー)を見ようとしてくれる。僕がどのような知識や考えをもった人間なのかを。

僕にとって、それはすごく嬉しいこと。

誰も、肩書きや頭の良さで僕を見下さないし、年上の人でも僕が自分の言いたいことを真剣に伝えようとすると、しっかりとそれを聞いてくれる。日本にいた時に感じていた妙な他者との変な距離感、自分の思い込みによるよそよそしさはない。

そのような、「無意味な他人との比較」なんてしなくていい。

自分がしっかりと誇れるものを持とうと考えるようになった。

趣味、勉強…自分が好きなもの、何でもいい。

自分のことを黙々とやっていく。それで結果を出せば良い。

そうすると、自分のことに集中するから、次第に他人のことなんて気にならなくなると思う。

Nikeの広告みたいだけど、”Just do it”と自分に言い聞かせながら。

 

写真はクロンボー城。こういうお城大好き。

Advertisements