RETRO Nørrebroから学ぶ社会貢献型マーケティング

インターンのミーティングと授業がなかった先週の木曜日。

美味しいパンを食べて、コーヒーを飲みたい気分。

 

ということで、バッグパックにノートパソコンとセカンドカメラ(Canon G7X)を入れ、Jægersborggadeへ!

 

Meyers Bageri

IMG_7931

店内は、美味しそうなパンの香りでいっぱい with 可愛いベーカリーのお姉さん。

パン好きにはたまらないね〜(お姉さんは関係ないね)。

 

ブラウニーを2つ購入!

IMG_7948

左がチョコブラウニーで、右が紅茶テイスト。

 

IMG_7933

曇り空だけど、早速、外で食べてみよう。

どっちも美味しかったけど、個人的にはチョコブラウニーが好み。中のチョコが濃厚な味わいで、甘すぎない。

 

ブラウニー食べようとしたら、ベーカリーのお姉さん(天使)がやってきて…

IMG_7932

「Værsgo!(どうぞ!)」と、僕にシナモンロールを!

し か も 、 焼 き た て ! ! !

笑顔の天使は、颯爽と店内に戻って行ったのであった。

美味しいパンと天使に会うために、Meyers Bageriに通うことにした。

 

パンを食べていると、喉が渇き始める。

ベーカリーの向かいにある、RETRO Nørrebroへ移動。カフェの外装の写真撮り忘れたから、トップ画像はMayers Bageri笑

IMG_7940

内装はその名の通り、レトロ。

IMG_7942

あれ、よく見ると、イスが破れている。

これも、一応レトロということで…

IMG_7941

たまたまなのか、僕がいた時の客層が学生らしき人がほとんど。課題をやってる人多かった。

しかも、客層は多国籍。

店内では、デンマーク語より主に英語とそれ以外の言語が飛び交う。

一人で絵を描く人、本を読む人、ミーティングをする人たち…

個人的な主観だけど、学生らしき若い人が多いためか、数多あるNørreportのカフェと雰囲気が違う。店内は程よく広い。

 

実は、このカフェ、KONOという、ボランティアで運営されている非営利団体でfair-trade(フェアトレード)等のプロジェクトを手がけているらしい。西アフリカの西部、シエラレオネ共和国の女性が作った製品をデンマークで販売し、その全ての利益を彼女たちに還元している。

他にも、RETRO NørrebroはProject REACTDreamtown Projectにも力を入れている。

 

利益型ビジネスと非営利組織が協力し、相互利益をもたらす、社会貢献型マーケティング(Cause marketing)の良い例である。

今まで、「社会貢献型マーケティング」と聞くと、環境系の分野、例えば電気自動車や風力発電の会社を想像していた僕にとって、こういう途上国への利益還元型の社会貢献型マーケティングは実に興味深い。

ただの営利を追求するだけのカフェではなく、顧客に問題提起をしながら、コーヒーやカフェという空間、そしてシエラレオネ共和国が女性作った製品を提供する。

このマーケティング手法から、「人間は、多くの人たちとの関わり合いの中で生きている。だからこそ、お互い助け合う。」というデンマーク人に根付く「共生(Fællesskab)」の精神が垣間見れた。

IMG_7950

チャイラテのグラスについているKONOのホルダー。

喉乾いていたくせに、お前、チャイラテ飲んだのか?って話。

たまには、自分の撮影スキルアップのために、こういう写真ブログも更新しよう。

チャイラテを飲み、リラックスしながら、新しいエッセイの構成を練る。

「ああ、生産的な1日だ。」

という自己満足。

参考
RETRO Nørrebro Projects (英語)

Advertisements